手の甲のシミを取る方法!皮膚科での治療内容・保険適用はできる?

手の甲のシミを取る方法を知りたいと願っている人は多いけど、皮膚科へ行くとなると、おっくうになって、そのままにしていませんか?

では皮膚科で手の甲のシミを取る方法は、どんなものなの?
そして費用は?保険適用はできる?

そんな疑問を解消して一歩前に進んでみませんか。

手の甲のシミができるメカニズムと原因を探る

そんなあなたに、まずシミのできるメカニズムと原因から説明してみますね。

外出して紫外線を浴びるなどから、皮膚の中のケラチノサイトに異常が起きます。

すると作られたメラノサイトが刺激されることで、メラニン色素が過剰に作られます。

本来ならターンオーバーで押し出されるはずのメラニンが、増えすぎたため、押し出されずそのまま居座ることで、シミができてしまいます。

紫外線・加齢摩擦といった外的要因や、ストレスホルモンバランスの乱れといった内的要因が、肌にシミを作ってしまうのです。

 

手の甲のシミを消す方法?皮膚科での治療内容・保険適用・価格

原因が分かったところで、シミをなくす方法としては、どんなものがあるのでしょう。

まず手の甲のシミを取る方法として、皮膚科に行くことで、短時間でシミを取ることが可能です。

 

 

手の甲のシミを消す方法・皮膚科のレーザー治療とは?

皮膚科では、Qスイッチレーザーという、シミ取り専用のレーザー治療が行われて、これは範囲の狭いシミに効果があるため、シミを取る治療としては良いものです。

治療内容は、レーザーでシミを焼いてメラニンを分解します。そこがかさぶたになって、剝がれて落ちると、キレイな肌になっているのです。

〈手の甲のシミを皮膚科レーザー治療する際のメリット・デメリット〉

でも、すぐにシミはなくなるというメリットもありますが、デメリットもあります。

レーザーで焼くので、肌の状態が悪くなることもあり、治療した後は日光に当たって紫外線を浴びると、シミが濃くなることもあるために注意が必要なのです。

どんなことにもメリットがあればデメリットはあります。最後は自分で選択したやり方で満足できれば良いですよね。

 

手の甲のシミを消す方法・塗り薬での治療とは?

 皮膚科でハイドロキノンの処方のケースも

シミをなくす方法は、皮膚科で処方される薬を塗ることでも可能です。

ハイドロキノンは、塗ると無色にすることができ、漂白効果がある成分です。

もうひとつトレチノインという成分があり、ターンオーバーを促進する効果があり、ハイドロキノンと一緒に使うことで、相乗効果があります。

〈手の甲のシミをハイドロキノンで治療する際のメリット・デメリット〉

手の甲のシミを消す方法としては、効果のあるハイドロキノンでの治療ですが、強い成分のため、よりシミが増えたなどのデメリットもあります。

皮膚科相談して、納得して使用しましょう。

 

手の甲のシミを消すために有効な成分ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体という言葉を、聞いたことがありますか?

手の甲のシミを取る方法として、皮膚科でも使われている、ビタミンC誘導体が有効なのですが、どんな成分なのでしょう。

シミや毛穴の開きにビタミンCは効果があるのですが、酸化しやすく成分が壊れやすいという欠点がありました。

しかも皮膚に浸透しないという最大の欠点もあるのです。

そこで人工的に改良を重ねることで、作りだされたものがビタミンC誘導体です。

改良されたことで、肌に浸透してからビタミンCに変化するので、安定した効果を得ることができるようになったのです。

 

 ビタミンC誘導体が手の甲のシミを消すために効果があるワケ

ビタミンC誘導体は、手の甲のシミを消すための効果がこんなにあります。

  •  真皮層でコラーゲンを増やす効果がある。
  •  メラニンの生成を抑制する効果がある。
  • 血行促進効果があるためターンオーバーを正常に戻す効果がある。

シミができない肌にすることで、効果を得られるのですね。

皮膚科では、ハイドロキノンとの併用など、個人に合わせて処方してくれます。

 

手の甲のシミを消す方法・保険適用される?

手の甲のシミを消すレーザー治療ですが、気になるのはやっぱり費用です。まず考えるのは、保険適用できるかどうかですが、結論として保険適用外です。
保険適用というのは医療目的のときに使われるもので、シミ取りは美容目的とみなされるため、自費診療となります。

しかし例外もあって、火傷をしてシミができたときなど、医療とみなされる場合もあり、そんなときは保険適用されることもあります。
それは医師が判断することなので、詳しくは皮膚科で尋ねてみてくださいね。
そして塗り薬のイドロキノン保険適用外になります。アメリカではニキビの治療に効果があると認められていますが、日本ではまだ認められていない成分のため、自費診療になるのです。
そしてハイドロキノンを処方してもらった場合は、他の薬をもらいたいときも、保険適用との併用ができない決まりがあるため、すべて自費診療になります。

 

手の甲のシミを取る方法 まとめ

手の甲のシミをとる方法は、皮膚科でレーザー治療を受けることで、短時間でシミを取ることが可能でした。

皮膚科の治療には、レーザー以外にも塗り薬があります。
ハイドロキノン・トレチノイン・ビタミンC誘導体が、手の甲のシミを消すために有効な成分です。
でも皮膚科では、保険適用がないので費用は自費診療になります。

いずれにしても医師と相談して納得のいく診療方法を選びましょう。