手の甲のシミを消したい!手の甲のシミを消す方法まとめ

何気なく見た手の甲に、シミを見つけたことはありませんか?
手の甲は何をしていても人目に付く場所なのでシミが目立ちやすいのです。
なので「手の甲のシミを消したい」と思う人も少なくありません。
そこで今回は、手の甲のシミを消したい人のためにその方法をご紹介します。
手の甲にシミがあるだけで、実年齢よりも上に見られることも多々ありますよね。なので「手の甲のシミを消したい、隠したい」と思う人はかなり多いのです。
でも実際には手袋でもしない限り隠せるようなものでもないのです。
それなら「手の甲にシミが出来たら諦めるしかないの?」と思うかもしれませんが、諦めるのはまだまだ早い!!
少しずつシミを薄くしていくことは出来るんです!
諦める前に、まずは今日から手の甲のシミを消す努力をしてみませんか?

 

手の甲のシミを消したい時に気を付けることは?

手の甲のシミを消したい時に大切なのは、肌のターンオーバーを促すこととメラニン色素を抑制する事です。この二つを効率よく実践することによって、手の甲のシミを消すことが出来ます!
肌のターンオーバーとは、簡単に言えば肌が新しく生まれ変わることなんです。美肌を保つために特に大切なのが、このターンオーバーなんですね。
実は年齢を重ねると共に、肌のターンオーバーの周期が乱れがちになったり、紫外線の影響やストレス、そして睡眠不足などによっても、お肌のターンオーバーは遅くなっていきます。この乱れたターンオーバーの周期をまずは正常に整えてやることが大切なんですね。
肌のターンオーバーが正常に戻れば、紫外線によって作られるメラニンも、ターンオーバーと共に表皮から剥がれ落ちてくれるのです。
そのため、まずは肌のターンオーバーを正常化することが大切で、さらにメラニン色素を抑制することでシミが薄くなって消えていくんです。
この仕組みを理解した上で、手の甲のシミを消す努力をしてみましょう!

 

手の甲のシミを消す方法とは?

手の甲のシミを消すためには、肌のターンオーバーとメラニン色素の抑制が大切だとお話ししましたね。
では、実際にはどのような事をすれば良いのでしょう?
いくつか紹介していきますので、自分に合った方法で試してみて下さいね。

 

 

 

 

 

①肌のターンオーバーを正常化するためにはどうすればいいの?

まず、肌のターンオーバーを正常化するための方法をご紹介します。
肌のターンオーバーを正常化するためのひとつの方法に、ピーリングがあります。ピーリングで古くなった角質を綺麗に取り除くことで、お肌のターンオーバーを促すことが出来るんです。
そこでオススメなのが米ぬかを使った方法と、リンゴ酢を使った方法です。
どちらも安価なので、手軽に始められるのが良い所!
ぜひ今日から初めてみて下さい!

 

 

 

 

 

・米ぬかを使ったピーリング方法とは?

米ぬかにピーリング効果があるの?と、驚く人もいますよね。
実は米ぬかはアルカリ性で、このアルカリ性が毛穴に詰まった汚れを溶かしながら取り去る効果があるのです。
もちろん、高い米ぬかなんて買う必要はないですよ~。毎日食べてるお米のとぎ汁で十分!
これならお金もかからないし、気軽に始めることができますよね。

<やり方>

1.まずお米を研いでとぎ汁を作ります。
(このとき、一番最初にお米を払った時のお水は捨てて下さい)
2.お米を研いだ時に出る白いとぎ汁を容器に入れておきます。
3.2のお水を冷蔵庫でしばらく保管しておくと、沈殿物が出来てくるのでそれまで放置しておきます。
4.3で出来た沈殿物をシミができている所に塗って数分間放置したら洗い流します。

以上、たったこれだけなんです!
すっごく簡単だしお金もかからないので、これなら毎日でも続けられそうですよね!ちなみに、洗い流した後はしっかりと保湿しておいてくださいね。

 

・リンゴ酢を使ったピーリング方法は?

シミにリンゴ酢が効く?そんなのってあり??
と思うかもしれませんが、実はリンゴ酢はお肌にとってとっても良い事ずくめなんですね。リンゴ酢でピーリングした後は、お肌がいつもより柔らかくなっているような気がするぐらいなんです。
もちろんたった1回だけではあまり効果は無いんだけど、毎日続けることでその効果は実感しやすくなりますよ。

<やり方>

1.リンゴ酢と精製水を2:1の割合で混ぜ合わせます。
2.1で作ったものをコットンに付けて軽くお肌を拭き取ります。

と、たったこれだけ!驚くほど簡単ですよね!
しかもリンゴ酢は、飲む事によって健康効果も期待できますし、飲めるものだからこそ、お肌に塗っても安心・安全なんですよね。
ただ、お酢のニオイが苦手な人には苦痛かもしれませんが・・・。
リンゴ酢でピーリングした後は、こちらもしっかりと保湿しておくことが大切です。保湿には抗酸化作用もあるホホバオイルがオススメですよ!

 

 

 

 

 

②メラニン色素を抑制するには?

手の甲のシミを消したい時にもう一つ大切なのが、メラニン色素を抑制する事です。メラニン色素は身体のDNAを守るためにも必要な物でもあるので、メラニン色素をゼロにするわけにはいかないんだけど、必要以上に生成されてしまうと、シミやそばかすの原因になっちゃいます。
なので、美白・美肌を目指している人にはメラニン色素の生成を抑制することが大切なんです。
メラニン色素の生成を抑制するためには、紫外線を防ぐことと美白化粧品やサプリメントなどで対策を行う方法があります。

 

・紫外線を防ぐには?

メラニン色素の生成を抑制するために一番大切なのは、まずは紫外線を予防することにあります。
紫外線対策を行うことで、メラニン色素の生成量は少なくなるんですね。
なので、日焼け止めをこまめに塗りなおしてみたり、日傘やアームカバーなどを使って極力紫外線を避けることが大切です。
中でも日焼け止めプラス日傘の組み合わせがとってもベスト!
一番紫外線をカットできる組み合わせなんですよ。

 

 

 

 

 

<それでも日焼けしてしまったら?>

紫外線を防いでいるつもりでも、気が付けば日焼けしちゃってる時もありますよね。そんな時は日焼けしたお肌をすぐに冷やしてあげたり、美白効果があるものを直接お肌に塗ることでメラニン色素の影響を減らすことができます。ぜひ試してみてね。

 

・美白化粧品やサプリメントで対策を!

紫外線からお肌を守ることも大切ですが、それは将来的なシミの予防だけで、今できている手の甲のシミを消したい場合にはあまり効果は無いかもしれません。今出来ているシミには、やはり美白化粧品やサプリメントを上手く使いながらアプローチすることがベストです。
中でも「ハイドロキノン」と呼ばれる成分が含まれているものが一番効果的です。ハイドロキノンは普通の美白成分と比較すると、約100倍近くの美白効果があると言われているんですね。
サプリメントでは「キミエホワイト」や「ロスミンローヤル」、「ハイチオールC」などがシミに効果的だと言われています。
サプリメントは長期間服用して初めて効果が出てくるので、すぐに結果を求めないように気を付けて下さいね。

 

 

 

 

手の甲のシミを消したい時にハンドクリームだけでも効果はあるの?

乾燥しがちな冬場は特にハンドクリームを持ち歩いている人も多いですよね。実はハンドクリームもシミ対策には効果的なんですよ。
手は顔よりも洗う頻度が多いので、その度にしっかりハンドクリームを使って保湿することはとても大切なんです。
お肌にとっては乾燥が一番の大敵になるので、まずは乾燥させないことが大切なんですね。
本当ならハンドクリームだけでなく、顔と同じように化粧水を塗った後にハンドクリームを付けるのがベストなんですけど、外出先ではそんな手間なことはなかなかできないですよね。なので、朝と夜だけでも化粧水を付けた後にハンドクリームを塗ってみては?
化粧水を最初につけた方がお肌への浸透率も高まるので、その分手の甲のシミを消したい時には効果的なんです。
また、軽くハンドマッサージを行いながらハンドクリームを塗る習慣を身に付けても良いですね。マッサージで血流をアップさせることでシミ対策もできますよ。